銀行カードローンのおまとめローン

キャッシングを続けている間に、複数社からの借り入れをしてしまい、気がつけば毎月の返済に追われるという状況に陥っているかたもおられます。
そういったかたを対象にした「おまとめローン」があります。
おまとめローンは消費者金融や銀行カードローンで申込ができます。
「おまとめローン」や「借り換えローン」といった商品を揃えているところや、銀行などでは金利が低いために、一般のカードローンで申込をしておまとめに利用するという方法があります。

「おまとめは消費者金融か銀行カードローンどっちがお得?」
消費者金融は総量規制で融資限度額は年収の3分の1以内と制限されますが、おまとめローンや借り換えローンの場合は総量規制の例外にあたる「顧客に一方的有利となる借換え」になるため、総量規制の例外として扱われます。
おまとめで年収の1/3をこえる借入を希望した場合、こえた部分について返済ができると判断できれば貸付けをしてもよいということになるので、年収による制限は受けません。
消費者金融は、一般的に審査にかかる時間が短く、銀行のカードローンに比べ、金利が高く、審査が厳しくないので、少しでも早く借金の悩みから解放されたいときは、消費者金融でまとめれば、少しでも早く解消できるといえます。

「銀行カードローンのおまとめ」
おまとめローンのメリットは、複数社ある借入先をひとつにまとめることで金利が下がり、現在の返済状況を少しでも軽くするための商品です。
銀行カードローンはおまとめ専用の商品として取り扱っている銀行は、テレビCMでも知られている東京スター銀行の「スターワンバンクローン」があります。
しかし、銀行カードローンは金利そのものが消費者金融と比べて金利が低く、そのためおまとめローンといった特別な商品をそろえているところは少なく、一般ローンと同じ扱いになっているところがほとんどです。

おまとめローンは低金利で融資額も大きくなるため、一般ローンに比べてさらに審査が厳しくなります。
銀行でおまとめをする場合、ある程度のステータスも必要になり、年収制限を設けているところもあるので、パートやアルバイトなどで生計を立てている人はむつかしいかもしれません。
しかし、銀行カードローンでおまとめができないというわけでもありませんので、ホームページにある「借入診断」などを利用して借入が可能かどうかを調べたり、「返済シミュレーション」も利用して、現在の状況がおまとめをするとどう変わるのかも調べ、あきらめずに挑戦してみることをおすすめします。
おまとめローン備忘録